こんにちは!
石川県金沢市や白山市を中心とする北陸3県で工場建設・倉庫建築などの新築工事、マンションやホテルのリフォーム工事を手掛ける辰創コーポレーション株式会社です。
倉庫を新しく建設しようと思ったときに、なるべく価格を抑えたい、工期はできるだけ短くしたい、耐久性のある建物にしたいなど、さまざまな要望があると思います。
理想通りの倉庫を建設するためには、工法の選び方がポイントになります。
そこで今回は、倉庫建築において代表的な工法であるシステム建築とプレハブ建築について、ご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

システム建築とは


設計、見積り、生産といった建設に欠かせない工程をコンピューターでシステム化することで、自動で建設を進める建築方法をシステム建築といいます。
建物に使用する部材の大きさや寸法は標準化しているため、自動化が可能です。
建設に関して要望を出したときに、システム化されていることによって、人の手で一から計画を立てる場合に比べて、可能かどうかの結果がはやく出ます。
また、システム建築の価格については、安価であるという特徴があります。
設計や生産など建設に関わるあらゆる部分をシステム化していることで、一から部材を設計するなどの手間が省け、人件費が抑えられるためです。
ただし、在来工法に比べて安価ですが、プレハブ工法に比べると高価です。
工期については、手順のシステム化や部材の標準化によって在来工法に比べ短くなります。
しかし、プレハブ工法やテント倉庫など他の工法に比べると、工期は長くなります。
また、鉄骨や外壁などの寸法や配置がシステム化されているシステム建築は、増設にも柔軟に対応ができます。
システム建築では、厳しい基準によって部材がつくられています。
さらにシステム化によって建設されることで、職人の技術によってできあがりに差が出ることはなく、品質が一定です。
加えて、システム建築では強度のある部材を生産しているため、耐久性や耐震性に優れています。
システム建築は、骨格材の厚さで法定耐用年数が決められています。
骨格材の厚さが3mmを超え4mm以下の場合は24年、4mmを超える場合は31年です。

プレハブ建築とは

工場で柱、梁、壁といった建物に必要な部材をあらかじめ生産・加工し、建設現場で組み立てる工法をプレハブ建築といいます。
部材は規格化されているため、職人の技術によってできあがりに差が出ることはなく、品質が一定です。
また、依頼に合わせて設計をする必要がないため、低価格で建設可能です。
工期についても、工場で生産し、現地で組み立てるというスムーズな手順によって、工期は短くなります。
プレハブ建築は、部材や建築過程がシステム化されているため、ばらつきのない、高品質な建物ができあがります。
プレハブ建築の建物は軽量鉄骨でつくられます。
耐久性や耐震性は木造よりは高くなりますが、鉄筋コンクリートよりは低くなります。
寿命は20年ほどとなっていますが、鉄骨のため、さびると耐久性が急激に下がってしまいます。
そのためさびを防止するような、こまめなメンテナンスを行うことが必要です。

新規お取引先募集中!


辰創コーポレーションでは、現在新規お取引先を募集しています。
工場・倉庫などの新築工事をご検討中の方は、ぜひ辰創コーポレーションまでご相談ください!
辰創コーポレーションが「理想の建物」をカタチにいたします。
また、マンションやホテルの各種リフォーム工事にも対応しております。
壁紙の貼替や床の張替、間取りの変更などご要望をお聞かせください。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


鉄工業・建設業の有限会社西田鉄工は石川県金沢市・白山市を中心に北陸3県で活動中|求人中
有限会社西田鉄工
〒924-0071  石川県白山市徳光町581番地
TEL:076-276-2870  FAX:076-276-6311
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする